筋トレは”ゆっくり下ろす”時が1番効いている!トレーニングのコツ

女性,筋トレ,メニュー

筋肉を強くするにはどのようなトレーニングが合理的か?

 

そのキーワードは”ゆっくり下ろす”事です。

 

筋トレをする際には筋肉が”肥大しなくてはいけない”と感じさせる刺激が必要で、そのためにも筋トレの動作をゆっくり行うのが効果的。

 

スクワットでも腕立て伏せでも、上げる時より下ろすときの方が筋肉は強く刺激されているのです。

 

筋肉とは、収縮することで力を発揮する器官
でも”ゆっくり下ろす”時には、筋肉は「収縮しようとしているのに伸ばされている」状態です。

 

このような動きの際は、動員される筋繊維が少ないため、1本1本にかかる負荷が大きく、トレーニング効果がとても高いんです!

 

成長ホルモン分泌効果も

ゆっくり下ろす筋トレは、成長ホルモンの分泌を促す科学的な刺激、つまり”ストレス”を特に速筋へと効果的に与えることができます。

 

筋トレを行うには、筋肉を緊張させ続けることがポイント
筋肉を緊張させることで血流が制限され、筋肉への酸素供給量が不足します。

 

このように無酸素ではたらく速筋が運動で使われると、激しい運動をした時と同様に、
筋肉中に代謝物質である乳酸などが蓄積されます。

 

代謝物がたまると、成長ホルモンの分泌が促進され、筋肉が成長するのです。

 

これは激しい運動によって起こる化学的変化を、比較的軽い負荷で手軽に達成できるのがメリットです。
つまり、筋肉を”だます”わけですね。
この成長ホルモンは、体脂肪を分解して脂肪減少を促進する効果も持ち合わせています。

 

この”ゆっくり下ろす”コツがわかっていれば、重いダンベルやジムの機械を使う必要はありません。
自分の体重だけで行いますから、筋肉や腱を痛める危険も少なくなります。

 

普段、運動をあまりしない人や、筋トレ初心者は特に意識して行いましょう!