8101

離れ乳は筋トレで治る!?離れ胸の原因と効果的な治し方

 

バストの間が不自然に離れている…

 

「離れ乳」に悩む女性は意外と多いんです。

 

バストアップといえば大胸筋を鍛えるのがテッパンですが、離れ乳についても筋トレで改善するのか?

 

また、筋トレ以外にも有効な方法は?
離れ乳の原因と、効果的な治し方についてご紹介します!

 

離れ乳改善の声多数!

口コミで大人気のルームブラNo.1!

▼▼詳細はコチラ!▼▼

8095

ふんわりルームブラ

離れ乳の原因とは 


離れ乳の原因は、大きく分けると次の3つ
原因別に、改善方法を見ていきましょう。

 

バストのボリュームが減った

これは、「元からバストが小さかった」人ではなく、「元々大きかったが急激に減った」人にありがちな症状です。

 

出産と授乳、急激なダイエットなどによって、バストの中身が激減して、余った皮が垂れているような状態です。
この場合、バストのボリュームを取り戻すことが根本的な解決法となりますが、それには時間がかかります。

 

正しいブラジャーを着用することで、バストの形を矯正し、脂肪に形状記憶させることで比較的早く改善できます。

 

骨格的な問題

バストの大きさに対して、肩幅が広い、鳩胸で胸骨が出っ張っているなどの方は、大きな胸郭に小さなバストが付いているので、離れ乳にもなりやすくなります。

 

骨格はどうしようもありませんが、バストの形やサイズは矯正可能です。
こちらも、正しいブラジャーを着用することが第一の改善法になります。

 

肌や筋肉が硬い

これが離れ乳の最も多い原因

 

バスト付近の皮膚や筋肉が固くこわばっていることで、柔軟性が無いために外側に引っ張られてしまい、離れ乳になっていると言うもの。

 

肌が硬いのは、化粧水やクリームを塗ればいいという問題ではありません。
化粧水は肌の一番表面の角質層にしか効果がないため、その下の真皮層のコラーゲン不足やリンパの滞りには効果がありません。

 

肌や筋肉を柔らかくするには、まず第一に「水分を多く摂ること」
それから「エクササイズやマッサージ」でリンパや血流を良くすること。

 

その上で、正しいブラジャーを着用することで本来の形に矯正してあげることが有効です。

 

離れ乳・バストアップに有効な筋トレとは?


離れ乳の原因と改善法を簡単に見てきましたが、これで分かる通り離れ乳に対して筋トレの効果は限定的です。

 

しかし、だからといって「筋トレはしなくていい」という事では全くありません。

 

バストアップに有効な筋トレをすることで、バストを本来の位置に戻して支える筋肉が鍛えられるため、離れ乳の改善とともにバストアップも期待できます。

 

また、運動をすることで血液やリンパ液の流れを良くすることが、実はいちばん重要な効果。

 

バストも中身は脂肪と乳腺です。
どちらも、血液やリンパ液の流れが悪い状態では発達しないし、老廃物が溜まっていると固くこわばってしまい、離れ乳の原因となります。

 

バストアップのために筋トレをする一番の理由は、筋肉を鍛えるということよりも、実は「血流とリンパの流れを良くする」ということにあるんですね。

 

離れ乳改善筋トレその@ 合掌して左右に動かす


大胸筋の役割は、専門的に言うと「上腕の内転」です。

 

つまり、腕を内側に向かって動かすこと。
これによって、普段中々使わない大胸筋を意識的に動かすことが出来ます。

 

体の前で両手を合わせて合掌し、左右から押し込みます。
このとき、胸の中央辺りに力が入っていることを確認してください。

 

この状態で、合掌した両手を合わせながら左右に平行に動かします。
すると、左右の大胸筋に交互に力が入っていることがわかるはず。

 

左右に30回づつ
毎日行いましょう!

 

離れ乳改善筋トレそのA 本を挟んで上下させる


これは、自宅で大胸筋の内側を鍛えるのに有効なトレーニングです。
たくましいマッチョマンはウェイトプレートで行っているようですが、女性であれば厚い本などで十分です。

 

腕を真っ直ぐに伸ばして両手で分厚い本を挟み込んで保持します。
このとき、本の下側に小指を引っ掛けたりしないで、あくまでも”挟み込む力”だけで保持するようにしてください。

 

この状態で、腕を真っ直ぐ伸ばしたまま本を上下させます。
分厚い辞典などを使うとかなりの負荷に!

 

本を下に下げて、上に上げたら1回とカウント

 

1日10回×3セット
2日に1回行えば十分なトレーニングになります!

 

離れ乳改善マッサージ


これは、筋トレではなく胸に溜まった老廃物を流すためのマッサージ

 

バストに老廃物が溜まっていると、肌や筋肉がこわばりやすくなり、外側に引っ張られてしまいます。
これを防ぐために、毎日のマッサージでしっかり流してあげることが大切。

 

バストの中でも、特に老廃物が溜まりやすいのは”脇の下近くの乳房の外側”です。

 

ここに手のひら全体をあて、乳首の方に向かって斜め上方に、優しく流すようにマッサージしていきます。

 

バストも脂肪のカタマリですので、強くもみすぎると形が崩れてしまいます。
力を入れず、優しく行ってください。

 

また、”バストの上側の部分”も筋肉が疲れやすい部位です。
この部位は、常にバストの重みを支えている筋肉ですから、お風呂でリラックスしながらに外側から内側に優しく流すようにマッサージをしてあげましょう。

 

おすすめの離れ乳改善ブラジャー


離れ乳の改善には、エクササイズやマッサージも有効ですが、やっぱりいちばん大事なのは「正しいブラジャーを着用すること」

 

この場合、ブラジャーの選び方には多くのポイントがあるんですが、一番の近道は「バストアップブラ」を使うこと!

 

ただのブラジャーとはではなく、サポートする面積が広く、形を綺麗に整えてくれるのがバストアップブラ
それと、自宅にいるときや寝ている間もストレスなく着用できる「ナイトブラ」であれば、より長くバストを支えることが出来ます。

 

バストアップブラとナイトブラの両方の特徴を持つ「ふんわりルームブラ」が、今一番売れている商品です!

 

8095

 

ふんわりRoomBra(ルームブラ)の5つの特徴

▼ポイント.1 「ノンワイヤー」

ノンワイヤーなのに美しいバストラインにキープ!
オリジナル構造でノンワイヤーでもバストを支え美しくキープ。
寝ている間も優しくしっかり支えます。

 

▼ポイント.2 「パワーネット」

パワーネットでしっかりバストをホールド!
考え抜かれたパワーネットの配置でバストに集めたお肉を固定。
横になってもバストがブラから流れない。

 

▼ポイント.3 「3段ホックで寄せ上げ」

3段ホックでバストをぎゅっと寄せ上げ!
パワーネットで集められたバストを3段ホックのベルトでギュッと寄せ上げ!
離れ気味のバストにも効果的!

 

▼ポイント.4 「パット付き」

パット付きでバストの潰れを防止!
下厚パッドでバストを持ち上げながらやさしく包み込む。
取り外し可能だから、お洗濯の時も安心。

 

▼ポイント.5 「ワキ肉もキャッチ」

幅広のパワーネットでワキ肉もキャッチ
ムダ肉を引締め、背中もスッキリ!
幅広設計でムダ肉が気になるワキ肉・背中もスッキリ!
引き締まったシルエットに。

 

もちろん離れ乳の改善にもピッタリ!
おしゃれなデザインと選べるカラーバリエーションで、女性特有のお悩みに答えてくれますよ♪

 

⇒ふんわりルームブラ公式サイトはこちら