お腹痩せは本当に大変!手足は細いのに下腹部ぽっこりの理由とは?

手足は細いのにお腹ぽっこり

 

「部分痩せは出来ない」

 

これは医療やスポーツトレーニングの分野において長年の研究の末に出された結論です。

 

実際、ダイエットによって体脂肪を落とそうとしても、身体の土の部分の体脂肪が落ちるかはコントロールできず、全身から均一に落ちていくという事がわかっています。
このため、「下っ腹だけ痩せたい!」と思っても、それは難しいという事です。

 

しかし、部分痩せが出来ないなら、なぜ部分太りはあるのでしょうか?

 

それには2つの理由があります。

 

・身体の部位によって脂肪の付きやすさが違う

 

・筋肉が衰えることで太って見える

 

部位別の脂肪の付きやすさ

体脂肪は、落ちるときは全身から均一に落ちていきますが、付くときは「付きやすい部位」というものがあります。

 

特に女性の場合、子宮を守るという役割のためにお腹周りやお尻に脂肪が付きやすいと言われています。
ダイエットして体重が落ちていっても、下っ腹だけが最後まで落ちない…

 

この理由は、下っ腹に脂肪が付きやすいために、そもそもの脂肪量が多いから。
本当に最後の最後まで絞りきらないと、下っ腹の脂肪はなかなか少なくならないんですね。

 

筋肉の衰え

そもそも太って見える原因は体脂肪の蓄積だけではありません。

 

筋肉が衰えることによって肉が垂れ下がり、太って見える場合もあります。
特にお腹周りの筋肉は、コルセットのように内臓を支えるという役割もあります。

 

腹筋群が衰えることで、内臓を支えられずに垂れ下がって来てしまい、下腹部だけがポッコリしてみえるのは、特に筋肉量の少ない女性に多く見られる減少です。

 

筋肉が減ると脂肪も落ちにくい

筋肉が衰えることのデメリットは、体型が崩れることだけではありません。
筋肉の衰えは、代謝と血流の減少にもつながります。

 

知っての通り、筋肉は存在するだけでエネルギーを消費する器官であるため、筋肉が衰えると基礎代謝が減って太りやすくなります。

 

また、筋肉が動くためには、血液に乗って運ばれてくる酸素と栄養が不可欠。
その血液が流れるためのポンプの役割も、筋肉が担っています。

 

このため、筋肉が衰えることで血液の流れが悪くなり、ますます筋肉が動かなくなるという悪循環に。

 

血液の流れが悪くなった部位には、脂肪も付きやすくなります。
体脂肪は、いったん血液中に遊離脂肪酸として溶け出し、エネルギーを必要としている細胞に運ばれて燃焼します。

 

しかし血液の流れが悪いと、溶け出した遊離脂肪酸が運び出されず、再び体脂肪として合成されてしまうのです。

 

お尻や太ももに脂肪が付きやすい人は、その部分の血液の流れが悪くなっている可能性が高いです。
これを解消するには、運動による刺激や、マッサージによる血行促進が有効です。

 

手っ取り早く2つを同時にかなえてくれる『加圧インナー』をオススメします!

 

加圧インナーがオススメな人

・手足は細いのに下腹部だけポッコリしている

 

このタイプが加圧シャツの効果を最も実感できます。
全身の体脂肪はそこまで多くないのに、腹筋群の弱さのために内臓が垂れ下がり脂肪が溜まりやすくなっていると考えられます。
加圧インナーで姿勢を矯正し、インナーマッスルを鍛えることで脂肪燃焼と引き締めが期待できます!

 

・運動不足で筋肉が少ない人
・運動が苦手な人
・猫背気味な人

 

運動不足で筋肉が少ないことはわかっている、でも運動は苦手でどうしても継続できない…
こういう方は、無理に運動をしようとしてもストレスが溜まるだけなので、加圧インナーのようなアイテムに頼るのも賢い方法です。

 

加圧インナーは着るだけで半強制的に姿勢を維持する筋肉が使われるので、衰えていた筋肉を刺激する効果が期待できます。
その状態で、軽いウォーキングでも続けられれば、最高ですね。
正しい姿勢で歩くだけでも、想像以上のカロリーを消費するものです。

 

また、猫背気味の人も姿勢矯正のために加圧インナーが活用できます。

 

加圧インナーがオススメできない人

・全身に脂肪たっぷりの肥満の人

 

体脂肪率が30%を超えるような肥満の方の場合、加圧シャツも「効果なし」とまでは言わないものの、大きな期待は出来ません。
加圧インナーだけで何とかしようと考えるのではなく、食生活や生活習慣などの根本的な改善が必要です。
道具に頼るだけではなく、自分と向き合って少しづつ変えていきましょう。

 

手足は細いのにお腹ぽっこり

おすすめ加圧インナー『スリムスレンダー』

スリムスレンダーは、女性専用の加圧シャツとして開発され、特にお腹周りのくびれを作ることを目指しています。
このスリムスレンダーの効果の原理について、少し詳しく見ていきましょう。

 

くびれを作る筋肉とは

くびれが欲しい女性は、やたらと腹筋ばかりする傾向があり、それはそれで間違いではないのですが、くびれを作りたいなら基本的な腹筋だけでは不十分です。

 

お腹周りには、正面の腹直筋の他にも、脇腹の腹斜筋、さらにその内側の腹横筋などがあり、くびれを作りたいなら鍛えるべきは腹斜筋の方です。

 

腹直筋と腹斜筋

 

また、筋肉の衰えで内臓が垂れ下がっている場合、腹直筋や腹斜筋のような外側から見えるアウターマッスルよりも、内臓を支えているのはより内側の腹横筋などのインナーマッスルです。
ですから「腹筋運動を頑張ってもなかなか下っ腹が凹まない」と悩んでいる方は、アウターマッスルよりもインナーマッスルを意識して鍛えることが必要ですね。

 

インナーマッスルを鍛えるドローイン

内臓を支えるインナーマッスルを鍛える方法として有効なのが”ドローイン”

 

ドローインのやり方は簡単で、「息を思い切り吸い込んでお腹を凹ませる状態をキープする」だけ。

 

ドローイン

実際に、息を思い切り吸い込みながらお腹を凹ませているとき、脇腹あたりを触ってみると力が入って固くなっているのがわかると思います。

 

ドローインは非常に単純ですが効果は抜群で「通勤中など気付いた時にドローインをしていただけでくびれが出来た!」という声も多く聞かれます。

 

ただ、「気付いた時にやる」と言っても、なかなかそんな習慣をつけるのは難しい…
どうしても気が抜けてしまう。
より短期間で集中して効果を出したい!

 

こういった場合に、ドローインとほぼ同じ効果を得られるのがスリムスレンダーのような加圧シャツです。

 

特に女性専用の加圧シャツとして開発されているスリムスレンダーは、単にお腹を締め付けるだけでなく、お腹周りの筋繊維の方向や、女性特有の体型を考慮して加圧されるように設計されています。

 

スリムスレンダーの加圧効果

 

このため、スリムスレンダーを着ているだけで「嫌でもお腹に力が入る」状態になるため、常にドローインをしているのと同じような効果が得られるのです。

 

また、スリムスレンダーはお腹周りだけでなく背中側にも、背骨をサポートするような加圧効果が設計されています。

 

内臓を支えるだけでなく、背骨を支えて正しい姿勢を保つのも腹筋の役割。
このため、スリムスレンダーを着ていれば強力な加圧効果によって背骨の位置も正され、”正しい姿勢をキープせざるを得ない”状態になるのです。

 

スリムスレンダーで姿勢が良くなる

 

これは単に見栄えが良くなるだけでなく、正しい姿勢をキープするために常に筋肉を使うため、体幹部の筋肉が鍛えられ、後々にはスリムスレンダーなしでも正しい姿勢が維持出来るようになるし、筋肉が鍛えられて痩せやすくなる効果も期待できます。

 

 

立っていても座っていても、常に腹筋に力が入っているので、これは引き締め効果もあると思います!
手足は細いのにお腹ぽっこり
それと、今回”黒”を買ったのですが、これから夏に向けて薄着になっていくとき、インナーとして着ることを考えたら”白”にするべきだったとちょっと後悔。
後で白も買い足そうと思います。

 

 

さすがにまだ2.3日なので効果は出ていませんが、とりあえず着ていると姿勢が良くなる効果は確実にあります。
手足は細いのにお腹ぽっこり
薄い生地なので、どんな服装のときも着ていられるし、夏に向けてスタイルアップには最適だと思います!

 

スリムスレンダーの注意点

スリムスレンダーを実際に何日か着てみての注意点もお伝えします。

 

満腹までは食べるべからず

スリムスレンダーは特にお腹周りに強い加圧が着ますので、お腹が膨れるほど食べると本当に苦しくなります。

 

特に外食ですぐに脱いだり出来ない場合、食べる過ぎると苦しくて動けなくなったり、最悪吐いてしまう可能性もありますので、スリムスレンダーを買ったらダイエットに気合を入れて、食べる過ぎないようにしてくださいね!

 

手足は細いのにお腹ぽっこり

スリムスレンダーでくびれを手に入れよう!

”着るだけ”でくびれができる美圧インナー「スリムスレンダー」

 

モデル級のくびれを”着るだけ”で実現するため、
女性の体に合わせた着圧を徹底研究。

 

着用することで腹直筋と腹斜筋が刺激され、
だらしない三段腹がすっきり引き締まります。

 

24時間”着るだけ”でお腹を引き締め、
キュッとくびれたカーヴィーボディを手に入れましょう♪

 

⇒スリムスレンダー購入サイトはこちら