体重なんて言わなきゃわからない!ダイエットは見た目を重視すべき!

女性,筋トレ,メニュー

ダイエットをしているとき、一番気になるのが体重であり、それが痩せているか太っているかの目安になると考えがちです。

 

しかし実は見た目が痩せているのに体重が重かったり、見た目が太っているのに想像よりも軽いということは結構ありますよね。

 

体重というのは数字にして言わなければわからないものですから、数字にこだわるよりも、見た目を重視したダイエットが必要だといえます。

 

数字では痩せていても、締まりのない体になってしまったら、見た目も太って見えますし、洋服も綺麗に着こなすことができません。
そして見た目が太っているということは、脂肪が多いということですから、その分、筋肉が少ないので基礎代謝が下がってしまうことに繋がります。

 

基礎代謝が少ないと、カロリーの消費が少なくなってしまいますから、痩せにくい体になってしまいます。
そこで代謝をアップさせるために必要なことは、体脂肪率を低くして消費カロリーを増やすことが痩せやすい体につながります。

 

体脂肪率を低くするためには、筋トレをすることによって脂肪を減らして筋力を増やすこと!

 

筋力を増やすことによって、筋肉がない人よりも同じように生活していても消費カロリーが多くなるので、結果的に痩せることにつながります。

 

女性も筋肉をつけてスタイルアップしよう

女性が筋肉をつけるのは、過度は運動は必要はありませんが、継続的な運動が必要になります。

 

筋肉は何歳になっても継続して筋トレをすればつけられることがわかっています。
ただ継続して行わなければ、すぐに筋肉はしぼんでしまうので、継続的に筋トレをしてスタイルアップすることが望ましいです。

 

ヒップアップに有効なスクワットをしてお尻に筋肉をつけることによって、上向きの形よいお尻になります。
ヒップアップをすることによってパンツをはいたときに美しいシルエットになります。

 

くびれをつけて女性らしい体を手に入れたいときは腹筋が効果的です。
腹筋は自宅でも簡単に行えるトレーニングなので、最初から無理をせずに、徐々に回数を増やしていくことで継続することができます。

 

また、脂肪がつきやすい二の腕や太ももも、筋トレを行うことによって脂肪を少しずつ減らして、その代わりに筋肉をつけることができます。

 

筋肉をつけることによって、二の腕や太ももが引き締まるようになりますし、筋力がつくので動作が軽くなるというメリットがあります。その他に、筋力アップすることによって、代謝が高められカロリーの消費が高くなったり、風邪をひきにくく丈夫な体になることができます。